• HOME
  • ブログ
  • base make , Cosme
  • CLIO♡ピンクグロウクリームクッション♡バームタイプの2色クッション!?CLIOの新作ファンデーション♡

CLIO♡ピンクグロウクリームクッション♡バームタイプの2色クッション!?CLIOの新作ファンデーション♡

base make

こんにちは!

久しぶりの更新になってしまい申し訳ありません;;

今回は、CLIOの新作ファンデーション!!

『ピンクグロウクリームクッション』

をご紹介いたします❤️

キルカバーシリーズに新しい仲間が増えました❤️

クリームクッションを言うネーミングだし、秋冬に向けてしっかり保湿系のクッションかな〜?

と思って強めにパフをペタッと押し付けてみたらびっくり!!

硬い!!!笑

なんと、今回のクッション、バームタイプのエマルジョンファンデーションでした!

(しっかり購入サイト見たら『バームタイプの』と書いてあります笑)

新作が出るたびとりあえず買っちゃう、私の悪い癖ですね〜><!

 

そして、もうひとつカミングアウトしますと、私エマルジョンタイプのファンデーション苦手でございます・・・笑

そんな新事実を突きつけられ、しょんぼりしつつ使ってみたのですが、

これまた良い!!!!!!

これからしっかりレポしたいと思います〜💙↓↓

CLIO キルカバー ピンクグロウクリームクッション

とにかく可愛いのがコンパクト〜;;❤️

最近のクリオは、コンパクトが本当に可愛いカラー揃いで今回はユニコーンのようなカラー!

パケ買いしても期待を裏切らないCLIOさん大好きです❤️

コンパクトはいつも通りなスタイルで、パフの形が栗のように先がとんがっています。

とのとんがりがポイントのようですよ〜^^

中身はこのような感じで、ぐにゃっと2色に分かれてる!!

よく見たら、3色に見えなくもないのですが、公式では3色なんて一言も書いておらず笑

皆さんはどう思いますか??

ぐにゃ〜と、上の方が濃いベージュな気がします笑

 

今回、バームタイプのファンデーションということで、私は触るまでバームだと気づかなかった大バカ者な訳なのですが…笑

表面がポコポコしていて、余計クッションに見えたんです!!!(言い訳)

 

バームタイプと言えど、使い方はクッションといっしょ!

色が二層に分かれていると言うことは、それぞれ役割も分かれています^^

ベージュの部分がファンデーション。

キルカバーの高いカバー力を持ったファンデーションで、シミなど肌の欠点をカバー。

気になるピンクの部分は、明るくトーンアップしてくれ、ハイライト効果があります^^

公式では、目元や額、ほうれい線などに塗るのがオススメしています!

🔴使い方

結論から言いますと、

『クッションなんだから叩き込んで塗るのがベストに決まってる!!!!!』

思わぬバームファンデーションだった事に動揺し、今回初めて使ってみたとき、

パフに取ったファンデーションを塗り伸ばしてしまいました…

結果、ヨレる・毛穴落ちする・なんかムラになった。

最悪でした。

幸い、1日マスクで過ごすスケジュールだったのでまだ良かったのですが、

2日目すぐにリベンジ!!

今回は、クッションの要領で叩き込んでみました。

正直、「エマルジョンタイプのファンデーションを叩き込んで塗るなんて…」

なんて思いましたが、これがまたびっくりするくらい綺麗に仕上がったんです;;❤️

ファンデーションでパフをすっと滑らせ、少量のファンデーションを取り、

あとはペチペチ叩き込むだけ!

大事ですよ!!叩き込む!!!

みるみるカバーされ、みるみる美肌に…❤️

🔴カバー力

すっぴんとファンデーション後の写真を比較してカバー力を見てみましょう!

↓before(すっぴんです☻)
通常のスキンケア後で、下地は今回も使用していません!(下地の使用で仕上がりが左右されるため)

↓after

赤みは残ってしまっていますが、綺麗に整った感があって仕上がりは大好きでした^^

気になる頰の毛穴もフラットにしてくれ、全体的にふんわりとフォーカスしてくれたような感じです。

ファンデーションであるベージュの部分は、ツヤはあまりなくセミマットな仕上がり。

そこにピンクの部分を重ね塗りする事によって、明るさも出せるしツヤも生まれます^^

ピンククリームにはパールもラメも入っていないので、明るさとクリームによる保湿で

ツヤ感を生み出す、といった仕様のようなので、

『部分的に立体感を出す』といった目的には向いていますが、

『キラキラさせたい!』という方にはやはりラメやパール入りのハイライトでキラッと見せるのがいいと思います^^

公式でのオススメ使用法方法です💙↓

『トーン補正』

明るさを出したい部分にピンククリームを仕込んでから、ファンデーションとピンククリームを混ぜてカバー

『ハイライト』

ファンデーションとピンククリームを混ぜて全体をカバーしてから、ツヤ感を出したい部分にピンククリームを重ね塗り

🔴色選び

公式のカラーチャートです^^

今回私が選んだのは、いつもとお馴染み『#2 LINGERIE』です。

ピンククリームが白っぽいので、混ぜるとさらに白っぽくなりますよ!

混ぜて使うのが前提のようなファンデーションなので、色選びには注意です^^

 

今やCLIOでもイエベブルベ分けされてるんですね〜!

私は色白めのブルーベースなので、ピンクベージュであるLINGERIEでぴったりでした^^

通販だとベースメイクの色選びは難しいかと思いますが、

今やCLIOのクッションはドラッグストアにも置かれています!

同じカラー番号なのに種類によって色の濃さは違ったりしますが

参考にはなると思いますのでぜひ実物をチェックしてみて下さい^^

あと、私のブログで26種類のクッションファンデーションのカラー比較をした記事があります!

主に韓国のクッションですが、日本のクッションもあるので参考になるかと思います〜^^

🔴モチ

モチですが、これも優秀でした!

メイク仕立てはお肌がしっとりていて、保湿されているのを感じます^^

時間が経つと少しサラッとしてきました。

朝塗ったファンデーションが皮脂と混ざり合い、塗りたてよりも時間が経ってからの方が綺麗に見えました!

 

私は鼻周りだけ油田持ちでテッカテカになってしまうので、皮脂を抑えるタイプの下地必須なのですが、

(オススメのメイク下地はこちら💙↓↓)

今回は下地なしで検証しています!

下地有りでのレポも最後にしますよ〜^^

 

下地なしでのメイクモチですが、汚く崩れることなく非常に良かったです!

鼻周りやはりテカリが出てしまいましたが、ティッシュオフ後に軽くパウダーで抑えて元どおり^^

鼻周りが崩れる事が多いので、皮脂が出てテカってしまっても汚く崩れる事がなかったのはとても良かったです!!

(鼻のキワに、ファンデーションが溜まって困る事が多々です〜;;)

他に皮脂の出やすい額や、あごなどは少しツヤっとする程度でテカってる〜〜;;

とまではいかなかったので、ファンデーション自体にも皮脂を抑える効果があるのかな??

キルカバーグロウクッションなんかは、ツヤッツヤ系のクッションなので

皮脂抑える系の下地を仕込まないと午後にはテカテカになってしまいます笑

 

下地を仕込んで使用してみたところ…!

試しにセザンヌの下地を全顔に仕込んで見たところ、鼻周りはテカリ知らずで良かったのですが頰のあたりが突っ張る…

ということで、3日目は鼻周りのみセザンヌを使用し、他の部分は保湿系下地にしてみました^^

テカらず、突っ張らず、ソフトなツヤ感で綺麗な肌に仕上がる最強の組み合わせでした💙

《検証結果》

・セミマットな質感
・ピンククリームで立体的に
・保湿は十分、乾燥は感じない
・テカリやすい方は皮脂を抑える下地の部分使いをオススメ

仕込む下地でいくらでも変えられると思いますが、ぜひ参考にして頂けたらと思います💙

まとめ

いかがでしたか^^??

今回は、CLIOの新作ファンデーション

『ピンクグロウクリームクッション』をご紹介しました!

見た目から可愛い、バームタイプのクッション💙

簡単に素早く綺麗に肌がと整うので、とてもオススメです^^

私のように、バームタイプのファンデーションは…と懸念される方もいらっしゃるかとは思いますが、

叩き込む事を実践して頂ければ、仕上がりは本当に綺麗なのでぜひお試し頂きたいです💙

 

私はいつもQ10の公式ショップで購入していますが、

楽天にもCLIO公式ショップがあるのでそちらもオススメです^^

韓国コスメは、なるべく公式ショップで購入しましょうね!

[Qoo10] クリオ – キルカバークリームクッション

WWW.QOO10.JP

 

💜最後まで読んでくださり、ありがとうございました💜

 

yoru

はじめまして、yoru(ヨル)です! コスメが大だいだい好き♡ 購入品記録や、役立つ情報を発信していきたいと思っています^^

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。